英 語 専 科

Q-Five

完 全 個 人 指 導

 

国連英語検定  実用英語検定  TOEFL受験対策  学会等プレゼン英語  スピーチトレーニング

 

社会人大学(院)入試  学士・編入学試験  医学部入試  大学入試  高認試験  高校入試

 

小中学生土台構築  中学英語一日完全習得  ON DEMAND「なんでも相談」…英語で料理etc.

 

 

 

 

Q-Fiveについて



 

 

 

Q-Fiveについて

 

 

教育理念・目標

 

 

私達が推薦します!

 

 

おめでとう!!

 

 

お喜らく英語

 

 

つぶやき英語

 

 

コンタクト

 

 

講師よこがお

 

 

屋久島ふぉとギャラリィ

 

 

たんしん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q-Fiveの講師は五十嵐久司[外国ではPaul又はRayと呼ばれております]一人だけです。もともとは中学・高校の主要5科目を日英のバイリンガルで教えることを目的として発足したスクールで、私を含め、英語、イタリア語、フランス語ができる5人の2ヶ国語、3ヶ国語話者がスタッフとして顔をそろえておりました。

日本語と英語、両語で語れるようになれば、自ずと見える世界が広がって参ります。視野が広がれば、大局的に目前で展開される諸事象の本質に迫ることが可能となります。Q-Fiveは、日本の、そして、世界の未来を背負って立つ子供たちに、少しでもそのような資質を身に付けていただきたいという願いから発足致しました。その精神は今日に至るまで連綿と生き続けております。

但し、設立時(1983)の教育理念を堅持しつつも、日英二ヶ国語によるレッスンに対する需要はさほど多くはなく、現在は学生・一般の各種英語個人指導と英検クラスを除く全てのレッスンは日本語で行われております。それに伴い、多言語話者の講師陣は解散し、各自、それぞれの専門知識と技術を生かし各分野で腕をふるっております。かくして、Q-Fiveは現在日英バイリンガル講師の五十嵐が一人で切り盛りしております。

 

講師は、すべてをその原理も分からぬままにテクニックで処理し、目先の成果を挙げようという風潮に対して、子供達に「本質を見出そうとする真摯な心的態度、努力の精神」の大切さを学んでいただこうと、日々微力ながらも力を尽くしております。Q-Fiveとは、一言すれば、訓練生の潜在力を最大限に開発、育成するための学び舎です。一過性のものではなく、生涯にわたり、訓練生一人ひとりが独力でその能力を開発・育成していけるようになることを目標に、その“下地”確保のための学問訓練サービスを提供しております。

 

Q-Fiveは学ぶ意志のある人々が自らを “educate”するお手伝いをするところです。

 

educateQ-Fiveの解釈・定義…能力、潜在力、可能性を引き出す、導き出す;物事に対する観察、判断力を発揮し、それに基づく臨機応変な対応能力・問題処理能力を深める手助けをする。

 

お子さまが将来、自分の頭で考え、判断し、問題を解決できるようになるための資質を備えた人間に育っていくためには、今の「まじめな」“education”が不可欠ですQ-Fiveの訓練は訓練生にじっくり考え、本質を理解していただくためのものです。従って、若干「即効性」に欠ける部分もあるかもしれませんが、OBOGの皆さんの多くが、「あの時のQ-Fiveの訓練があったからこそ、今の自分がある」と仰って下さっております。











RAY VIRGIN
STANDFORD UNIVERSITY

実用英語検定

 

 

国連公用語英語検定

 

 

今日の時事英語

 

 

NAME

 

 

UNITED NATIONS

 

 

CT DEPT. OF EDUCATION

 

 

 

 

 

優良語学スクール

 

SIMUL ACADEMY

 

STANFORD

 

HARVARD

 

M.I.T.